2018年は交通厄年?

 土砂災害イラスト

2018年は首都圏の大雪に始まり、6月には東北新幹線の車両故障、大阪北部地震、7月には西日本豪雨、といった具合に、交通が麻痺する出来事が多発しています。

日本の交通機関は世界有数の高水準ですが、やむを得ず運休してしまうことはあります。

それにしても、この2018年は立て続けに運休が発生しています。

2018年は呪われた「交通厄年」なのでしょうか?

まだ2018年はあと5か月残っていますが、ここで、これまでの出来事を振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

首都圏で大雪 東京都心積雪23センチ

2018年1月23日、首都圏で大雪となりました。

冬の首都圏は降水量が少なく、雪が降ったとしてもうっすら積もる程度であることが多いですが、なんとこの日は東京都心で積雪23センチを記録しました。

2014年2月以来、4年ぶりの積雪20センチ超えとなりました。

22日午後から雨が降っていましたが、気温が下がり、雨は次第に雪に変わりました。

雪質は、首都圏では珍しく乾いた積もりやすい雪。

JRなど各線で運休や間引き運転を実施し、駅では入場規制が行われました。

また、レインボーブリッジでは約50台の車が立ち往生し、通行止めになりました。

参考情報
2014年2月の大雪では、関東郊外の道路が雪により寸断され、山梨県の一部では物資を供給できず孤立する事態になりました。
スポンサーリンク

北陸豪雪 福井で交通麻痺

2018年2月6日、強い冬型の気圧配置により北陸地方で大雪となりました。

鉄道は運休しましたが、ここで特に酷かったのは、道路の寸断。

福井県内の国道8号線で、車約1,500台が立ち往生しました。

国道8号線の通行止めは9日未明まで続きました。

物流が遮断されたため、コンビニでは品薄状態がしばらく続くことになりました。

福井市は豪雪への対応で財源不足となり、2018年7月から翌年3月までの9か月間、市職員の給与を平均5.8%削減することになりました。

新幹線殺傷事件

2018年6月9日、東海道新幹線の車内で殺傷事件が起こりました。

詳細は以下の記事でまとめています。

→(該当記事)【2018年は交通厄年?】新幹線殺傷事件 前代未聞のテロ事件

東北新幹線 車両故障で約6時間不通

2018年6月17日に発生しました。

この件は実際に体験しているので、別記事で詳しく書こうと思います。

→(該当記事)【2018年は交通厄年?】東北新幹線車両故障現地報告

大阪北部地震

2018年6月18日朝、大阪府北部を震源に最大震度6弱の地震が起こりました。

茨木市や、梅田がある大阪市北区でも震度6弱を観測し、都市部を直撃した大地震となりました。

Ibaraki Earthquake

wikipediaより

阪急京都本線の茨木市駅では、駅の電光掲示板が落下しました。

地震当日は多くの鉄道で運休となり、多くの帰宅困難者が発生しましたが、大部分が翌日には通常運転に戻りました。

西日本豪雨 広島のライフラインが停止

7月5日から8日まで(地域により前後あり)、停滞する梅雨前線の影響で、西日本を中心に長時間にわたって雨が降り続きました。

西日本各地で土砂災害が発生し、新幹線を含めた鉄道、道路、そして電気、水道などのライフラインが寸断されました。

特に広島地域では長期間にわたりライフラインが停止し、山陽本線など主要な鉄道も止まったままです。

広島空港が孤立

広島空港は鉄道駅と接続しておらず、自動車やシャトルバスを利用する必要があります。

しかし、山陽自動車道が不通のため、公共交通機関を利用するには、シャトルバスで東広島まで行き、そこから山陽新幹線に乗るしか手段がありません。

また、水道が止まってしまい、自衛隊の給水を受ける事態になりました。

在来線が長期間にわたってストップ

7月20日現在でも、在来線各線が運休しています。

山陽本線は、三原―海田市間で運休しており、復旧は8月中旬以降を見込んでいます。

JR西日本被災JR西日本ホームページより

そのため、特例措置として、7月6日までに広島―三原間の定期券、乗車券、回数券を所持している者に限り、山陽新幹線による代替輸送を行っています。

スポンサーリンク

プロ野球用具が届かず中止

7月6日にナゴヤドームで開催予定だった中日対ヤクルト戦は、前日まで広島でゲームを行っていた(結局前日は雨天中止)ヤクルトの選手の用具を名古屋まで運ぶことができず、中止となりました。

また、7月9日から11日までマツダスタジアムで開催予定だった広島対阪神戦は、3連戦全てが中止となりました。

まだまだこれから台風シーズン

2018年は多くの災害に見舞われてしまいましたが、これから恐怖の台風シーズンを控えています。

災害を止めることはできませんが、大きな被害が出ないことを願いたいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。