秋葉原 オタクの聖地

 

オタクの聖地と言われるように、日本のサブカルチャーの拠点である。サブカルチャーが発展する前は、国内最大の電気街として有名だった。

スポンサーリンク

交通

JR総武線、山手線、京浜東北線、東京メトロ日比谷線、つくばエクスプレスが乗り入れている。

総武線が上層、山手線、京浜東北線が下層で、両者が十字に交わる個性的な駅構造である。そのため、乗り換えはしやすい。

アクセスは抜群で、東京駅からJRで2駅、そして、なんとつくばエクスプレスで茨城方面からも気軽に行くことができる。

スポンサーリンク

電気街

日本の三大電気街といえば、東京の秋葉原、名古屋の大須、大阪の日本橋。現在も、日本最大の電気街としての地位を守っている。

パソコンの部品などが豊富にそろっており、パソコンを自分で作るなら欠かすことができないエリアである。

オタクの聖地

2000年頃からサブカルチャーが台頭し、「電車男」ブームを通じ、秋葉原はオタクの聖地「アキバ」として、オタク以外からも認知されるようになった。

休日になるとリュックサックを背負いカメラをぶら下げ、秋葉原に通う人々は「アキバ系」と呼ばれるようになった。

メイド喫茶が数多く出店しており、街中ではメイド姿の女性がティッシュ配りやメイド喫茶への呼び込みを行う。

また、写真を撮ってもらうため、アニメのコスチュームを身に着けパフォーマンスを行う人も多い。

これらの光景は秋葉原の象徴として、外国人観光客からも注目の的である。

今では一大観光地となり、国内外から多くの観光客が訪れる。

会いに行けるアイドル

国民的アイドルAKB48の本拠地「AKB48劇場」はドンキホーテの8階に入っている。

「会いに行けるアイドル」をコンセプトに、多数の公演が行われている。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。