【SONY HDR-CX680】ビデオカメラを買いました!

 

2020年1月3日より、YouTubeを始める予定です。

それにあたり、ビデオカメラを購入しましたので、紹介させていただきます。

スポンサーリンク

YouTuberに必須のビデオカメラ

いよいよ1月3日より、YouTubeを始める予定です。

【予告】2020年、YouTuber始めます!

YouTubeの動画投稿にあたり、欠かせないのがビデオカメラです。

スマホやi-Phoneでも動画撮影はできますが、手ブレ補正やズームの機能などはまだまだビデオカメラの方が上です。

ということで、このたびビデオカメラを購入しました。

スポンサーリンク

SONYのHDR-CX680

購入したビデオカメラは、SONYのHDR-CX680という機種です。

ビデオカメラ2

家電量販店で実際に現物を手に取り、購入を決定しました。

ソニー SONY HDR-CX680 ビデオカメラ ブロンズブラウン [フルハイビジョン対応][HDRCX680TI]

価格:49,280円
(2020/1/2 09:33時点)
感想(2件)

軽くて持ちやすい

重さは付属品のバッテリー込みで約355gです。

撮影時に、ほとんど重さを感じません。

サイズはコンパクトで、片手での操作が簡単。

旅行などで持ち運ぶ際にも、あまり気にならない重さ・サイズだと思います。

圧巻の手ブレ補正機能

購入の決め手となったのは、手ブレ補正機能です。

私の動画は歩きながら撮影することが多いので、手ブレ補正にはこだわりたいと思っていました。

この製品の最大の売りは、空間光学手ブレ補正という機能です。

これはソニー独自の技術だそうです。

これから実際にアップロードする動画を見ていただければわかると思います。

光学ズーム60倍

60倍までのズームなら、画質を劣化させずアップで写せるということです。

これで、遠くの景色もクリアに撮ることができます。

スポンサーリンク

つまずきチャンネル間もなくスタート

YouTubeの投稿に必要な最大のアイテムを取得し、YouTuberデビューまで秒読みとなりました。

これから撮影を本格化し、撮影した動画を編集すれば、いよいよつまずきチャンネルのスタートです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。