【大阪から行く神戸】三ノ宮駅周辺をぶらり散策【神戸市役所展望ロビー・旧居留地・メリケンパークなど】<202008関西3>

 

神戸は兵庫県の中心地ですが、大阪から電車で30分で行くことができます。

今回は三ノ宮駅周辺を散策し、神戸市役所の展望台まで行ってきました。

スポンサーリンク

大阪から三ノ宮に行くには

JR神戸線の新快速が最速

今回は、神戸市の中心駅である三ノ宮駅に行ってきました。

大阪から三ノ宮までは鉄道が非常に発達しており、30分以内で行くことができます。

JR神戸線の新快速が最も早く、約21分、410円です。

一方、安さを重視するなら阪急の特急で、JRより少し時間がかかりますが約27分、320円です。

阪神で行くことも可能で、特急や直通特急で約31分、320円です。

今回の記事についてYouTubeに動画を投稿しているので、動画でもお楽しみください。

東京~横浜間より遠いが早い

参考までの、東京から横浜まではJRで約25分です。

距離は大阪から三ノ宮が30.6キロ、東京から横浜が28.8キロなので、大阪から三ノ宮までの方が遠いのですが、新快速の高速運転(最高130キロ)により所要時間が逆転しています。

スポンサーリンク

神戸市役所展望ロビー

入場無料

神戸市役所は、三ノ宮駅から徒歩約6分の場所にあります。

展望ロビーは市役所1号館24階にあります。

無料で入場できます。

六甲山地迫る山側の展望

山側の景色です。

先ほど利用した三ノ宮駅が見えます。

山の上には、神戸布引ハーブ園が見えます。

海側の展望

神戸空港アクセス路線のポートライナーです。

神戸大橋(赤い橋)が、ポートアイランドまでを結んでいます。

このほか、神戸市役所からの景色は動画でお楽しみください。

東遊園地

遊園地という名の公園

神戸市役所の南側には東遊園地が広がります。

名前は「遊園地」ですが、アトラクションはありません。

幕末の開国後、外国人居留民向けの運動公園として開園しましたが、現在は毎年12月に行われる神戸ルミナリエの終端の地となっています。

阪神淡路大震災の追悼行事の会場にもなっています。

スポンサーリンク

花時計

東遊園地の園内の南端には、花時計が設置されています。

以前は神戸市役所の北にありましたが、市役所の建て替えに伴い現在は移設されています。

旧居留地

東遊園地から西に行くと、旧居留地です。

幕末の開国に合わせて、外国人の生活の地として整備されました。

現在も洋風な美しい都市景観が広がっています。

洋風の電話ボックスがありました。

こちらが、神戸市立博物館です。

メリケンパーク

メリケンパークは港町・神戸を象徴する公園です。

三ノ宮駅からだと15分ほど歩くので、元町駅やみなと元町駅からの利用をオススメします。

神戸港震災メモリアルパークは、阪神淡路大震災で損傷した部分をそのまま残しています。

港からの眺めです。

神戸オリエンタルホテル。泊まってみたいです。

ポートタワーです。

展望台に入るには大人一人700円が必要です。

この建物も神戸のイメージとして印象深いのではないでしょうか。

この建物は、神戸海洋博物館です。

ポートタワーとセット券がお得な価格で売られています。

繰り返しになりますが、動画も是非ご覧ください。

次回の記事

【大阪駅から行く】大阪港クルーズ船サンタマリアに乗船【赤いトラス橋・港大橋をくぐる】<202008関西4>

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。