渋谷 生まれ変わる若者の街

 

東京副都心の一つとして、多くの路線が乗り入れているターミナル駅。

東急東横線や湘南新宿ラインが乗り入れており、横浜方面へのアクセスが良い。

「渋谷」の地名の通り、谷底に位置している。

スポンサーリンク

交通

JR山手線、埼京線、湘南新宿ライン、東急東横線、田園都市線、東京メトロ銀座線、半蔵門線、副都心線が乗り入れている。

かつては東急東横線の始発駅だったが、2013年3月、東急東横線が東京メトロ副都心線と相互直通運転を開始。それに伴い、東急東横線渋谷駅ホームが地下に移動した。

ここには既に2009年より東京メトロ副都心線が乗り入れており、東急東横線と東京メトロ副都心線が一本につながった。

副都心線は既に西武池袋線、東武東上線と相互直通運転を行っていたため、横浜から渋谷、新宿、池袋の副都心を経由して埼玉方面が乗り換えなしで行けるようになった。

横浜駅から渋谷、新宿、池袋駅へはJR湘南新宿ラインと競合している。

 →関連記事 東横線 VS 湘南新宿ライン 首都圏全体を巻き込んだ熾烈な乗客争奪戦

東急東横線のホームが地下に移設され、JRとの接続は不便になったが、半蔵門線との接続は改善された。

半蔵門線で1駅の表参道駅は、銀座線ホームと向かい合っており、半蔵門線だけでなく銀座線方面へのアクセスが改善されている。

 →関連記事 【渋谷駅】東急東横線・副都心線から田園都市線・半蔵門線への乗り換え方~銀座線裏ワザあり~

東横線からJRへ乗り換える際は、横浜寄り階段を上り、ヒカリエ改札を利用すると短時間で乗り換えが可能。

宮益坂改札は田園都市線・半蔵門線ホームをよけるルートを通るため、遠回り。

 →関連記事 【渋谷駅】JR山手線から東急東横線・副都心線への乗り換え方

 →関連記事 【渋谷駅】東急東横線・副都心線から京王井の頭線への乗り換え方

スポンサーリンク

並ぶぜホーム

並ぶぜホーム

JR山手線と埼京線のホームは約350メートル離れており、乗り換えに時間がかかっている。

現在は、山手線の埼京線の乗り換えは渋谷ではなく隣の恵比寿で行うのが便利である。

2020年、かつて東急東横線渋谷駅の駅舎があったエリアに、埼京線のホームが移設される予定。

それにより、山手線と埼京線ホームが横並びになり、乗り換えがしやすくなる。

2018年5月26日、27日と6月2日、3日は埼京線の線路架け替え工事のため、埼京線・湘南新宿ラインの新宿―大崎間が運休となった。

渋谷再開発

東急により再開発が行われており、渋谷ヒカリエなど続々とビルが建っている。

2019年、google本社が六本木から渋谷ストリームに移転予定である。

なお、東急百貨店本店は渋谷駅から少し離れている。東横店と混同しないよう要注意。

東横線高架の跡地を利用し、その下を流れる渋谷川周辺に広場を設置予定である。

スクランブル交差点

東京を象徴するスクランブル交差点。青になると各方面から中心に人の波が押し寄せ、向かってくる人を上手によけてそれぞれの目的地に散っていく。

地方出身者はこの光景に面食らうという。東京人は歩くのが早いから、慣れない人にとってこの人の波は恐怖らしい。

ハロウィンや年越し、サッカー日本代表戦の際は、一部の若者が渋谷に集結し、お祭り騒ぎ。

若者たちにマナーを呼びかけるため、DJポリスが出現。

笑いを取り入れながら若者たちの心をつかみ、マナー向上に大きく貢献している。

ハチ公

待ち合わせスポットとして有名。

だが、多くの人々が待ち合わせ場所に指定するため、人がごった返し、かえって合流しにくいことも。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。