下北沢

 

商店街が発展し洗練されており、都心からのアクセスが良いため、飲食や買い物などに多くの人が集まる。沿線には大学のキャンパスが多いことから、「シモキタ」の愛称で若者を中心に人気の街である。三軒茶屋と並び、世田谷区内の人気エリアである。吉祥寺や自由が丘とともに、住みたい街ランキング上位の常連である。

スポンサーリンク

交通

小田急線と京王井の頭線が乗り入れている。

小田急で新宿方面、京王井の頭線で吉祥寺や渋谷と直通しているほか、小田急線と相互直通運転を行っている東京メトロ千代田線を利用すれば、都心方面にも行くことができ、アクセスが非常によい。

 

ただし、道路は細い道が多く、自動車のアクセスはあまりよくない。

吉祥寺や自由が丘には多くのバス路線が発着しているのに対し、下北沢に発着している路線バスは1本のみである。

この唯一の路線バスは小田急バスが運行し、北沢タウンホールから下北沢、三軒茶屋を経由して駒沢陸橋まで至る。

1本のみのためバスターミナルは整備されておらず、駅からバス停までは、下北沢南口商店街を通り抜ける必要があり、徒歩約5分程度かかる。

吉祥寺や自由が丘と異なり、駅前をいくら探してもバスターミナルはないので注意。

スポンサーリンク

小田急線複々線化・地下化による再開発

かつては開かずの踏切が問題となっていた下北沢だが、小田急線の複々線化に伴い地下化。これにより、踏切が消滅した。

下北沢駅周辺では、小田急線の地下化を契機に、大規模な再開発が行われている。

なお、小田急線が地下化されたことに伴い、高架にある京王井の頭線ホームから地下にある小田急線ホームへの乗り換えには5分程度かかるようになった。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。