【東京駅】丸ノ内線からJR線への乗り換え方

 丸ノ内線東京駅

日本の交通の中心、東京駅。

新幹線はもちろん、在来線も特急が発着しており、JRのターミナル駅としてのイメージが定着しています。

東京駅というとJRのイメージが強いですね。

しかし、実は東京メトロ丸ノ内線も乗り入れています。

今回は、丸ノ内線からJRへの乗り換え方を紹介します。

スポンサーリンク

方向を間違えなければ楽!

イメージをつかむため、東京駅の構内図を載せます。

下の赤い囲みが丸ノ内線緑の囲みがJRです。

丸ノ内ー東京駅構内図(JR東海HPより)

JR東海HPより

改札間の距離は短いので、方向さえ間違えなければ、乗り換えは楽です。

スポンサーリンク

丸の内地下中央口を目指して

丸ノ内線の2号車又は5号車からホームに降ります。

階段又はエスカレーターを上ります。

なお、6号車池袋寄りにも階段がありますが、少し遠回りなので、2号車又は5号車付近の階段・エスカレーターを利用しましょう。

階段・エスカレーターを上ったら、JR方面の改札を出ましょう。

改札を出たら、丸の内地下中央口方面へ。

丸ノ内線からJR

丸の内地下中央口の改札を入ります。

丸の内地下中央口

改札を入って右方向に行くと、グランスタの地下街や銀の鈴待ち合わせ場所があります。

東京駅地下1階

左方向の階段・エスカレーターを上ると、JR在来線各線や新幹線ホームがあります。

東京駅地下1階2

東京駅は、新宿駅や渋谷駅と違い、シンプルでわかりやすいと思います。

案内表示をよく見て行けば、迷うことはないでしょう。

ただし、冒頭の構内図を見てわかるとおり、京葉線と総武線快速・横須賀線は少し離れた位置にあり、行き方は複雑で遠いです。

京葉線や総武本線・横須賀線については、別の機会で触れようと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。