【京都→城崎温泉】山陰本線特急きのさきで関西の温泉街・城崎温泉へ【202004山陰旅行2・3】

 城崎温泉

このたび、東京を出発し、京都から米子までを山陰本線で移動する旅行を実施しました。

第2回の今回は、京都から城崎温泉への移動の様子を、動画を交えてお届けいたします。

スポンサーリンク

京都から城崎温泉まで移動

山陰本線で米子方面へ

前回の動画・記事では、東海道新幹線で東京から京都まで移動しました。

【東京→京都】東海道新幹線の車窓を動画で解説!富士山見えた!【202004山陰旅行1】

京都で新幹線を降り、ここからはこの旅行のテーマである山陰本線を利用し、数日かけて米子を目指すことになります。

今回の動画です。

京都駅で昼休憩を取った後、山陰本線で城崎温泉まで移動しました。

昼休憩では、駅ビルの長ーい階段・エスカレーターを上っていました。

京都駅ビル下から

特急きのさきで城崎温泉へ

城崎温泉への移動で利用したが、特急きのさきです。

特急きのさき

グーグルマップではなぜか2時間52分と表示されてしまっていますが、実際にかかったのは2時間24分でした。

京都を出て、亀岡、福知山、豊岡などを経由して城崎温泉に至ります。

特急きのさき路線図

JR西日本HPより

関西弁が飛び交う車内

京都から城崎温泉までは、関西エリアを通ります。

車内は関西弁が公用語でした。

このあと城崎温泉を観光しましたが、大部分が関西弁、自動車も関西地方のナンバーが大半でした。

関西から城崎温泉に通じる特急列車

今回利用したのは特急きのさきですが、関西から城崎温泉に行ける特急列車は他にもあります。

一つは、新大阪から出ている特急こうのとり。

特急こうのとり

宝塚線を通り、福知山から山陰本線に合流します。

特急こうのとり路線図

JR西日本HPより

もう一つは、大阪を出て姫路を経由する特急はまかぜ。

こちらは姫路から播但線に入り、和田山から山陰本線に合流し、鳥取方面に向かいます。

特急はまかぜ路線図

JR西日本HPより

スポンサーリンク

城崎温泉で1泊

城崎温泉の滞在動画はこちらです。

7つの外湯を巡る

この日は城崎温泉の旅館で1泊しました。

城崎温泉では、湯量を維持するため旅館の内湯の広さに制約があります。

そのため、旅館でも外湯の利用が奨励されていました。

柳湯

城崎温泉には7つの外湯があり、私の宿泊プランには外湯のフリーパスがついていました。

途中でのぼせてしまったため、3か所くらいしか回れませんでしたが、街歩きと温泉を同時に楽しめました。

展望台から見える日本海

城崎温泉にはロープウェイがあり、その頂上には展望台があります。

詳細は動画に譲りますが、この日はスッキリ快晴。

城崎温泉展望台

展望台からは、城崎温泉街、そして日本海が見えました。

まだ兵庫県ですが、いよいよ山陰地方が迫ってきました。

スポンサーリンク

足を延ばせば玄武洞やコウノトリ鑑賞も

ここで紹介したもののほか、足を延ばせば玄武洞コウノトリの郷にも行くことができます。

今回は山陰本線で進むことが目標だったため行けませんでしたが、またの機会に玄武洞などにも行ってみたいと思います。

次回は鳥取まで移動します!

【城崎温泉→鳥取】山陰本線「空の駅」余部鉄橋と日本海【202004山陰旅行4】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。