【鳥取→米子】梨と白壁の町・倉吉を歩く【202004山陰6】

 白壁

山陰本線で京都から米子まで移動する旅。

この日は鳥取を出発し、山陰本線で米子まで移動しました。

途中、梨と白壁の町・倉吉に立ち寄りました。

スポンサーリンク

鳥取から米子まで鳥取県横断

この日は、山陰本線で鳥取から米子まで移動しました。

鳥取県の東のターミナル・鳥取駅から西のターミナル・米子への移動です。

鳥取県の両端を横断する形ですね。

動画では、鳥取から倉吉、そして倉吉から米子の移動の様子と、倉吉の二十世紀梨記念館や白壁の散策の様子を届けします。

スポンサーリンク

特急スーパーまつかぜで倉吉へ

鳥取県と島根県を横断する長距離列車

鳥取からは、まずは特急スーパーまつかぜに乗車しました。

特急スーパーまつかぜ

スーパーまつかぜは、鳥取から益田まで(米子止まりもあり)の約284キロを結ぶ長距離列車です。

鳥取県を横断するだけでなく、島根県の西側まで行ってしまう長距離路線です。

なお、鳥取駅からは「スーパーおき」も運行しており、これはさらに長距離で、鳥取と新山口を結んでいます。

スーパーまつかぜの車内放送を動画にしましたので、ご覧ください。

鳥取駅と倉吉駅付近の放送です。

倉吉で特急「スーパーはくと」と遭遇

倉吉で下車しましたが、倉吉駅には「スーパーはくと」が停車していました。

特急スーパーはくと

「スーパーはくと」は、京都から姫路を経由して鳥取・倉吉までを結ぶ列車です。

京都から姫路までは東海道本線・山陰本線を通るため、関西からの利用者は姫路まで新幹線を利用する方が多いです。

鳥取県は新幹線がない分、特急列車が多く走っているため、鉄道好きの方は楽しめるのではないでしょうか。

倉吉で梨と白壁を体感

二十世紀梨記念館「なしっこ館」

倉吉駅からバスに乗り、二十世紀梨記念館「なしっこ館」に行きました。

バスで約10分です。

なしっこ館は「倉吉パークスクエア」の敷地内にあります。

なしっこ館

入館料は大人一人で300円です。

中では、さまざまな種類の梨が展示されています。

梨の展示

梨の試食もできました!

3種類の梨の食べ比べができます。

梨試食

白壁土蔵群

続いて、白壁土蔵群に行きました。

ここは、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

この日は営業している店舗が少なかったですが、食べ歩きを楽しむこともできるようです。

伝統的な街並みは、心を落ち着かせてくれました

白壁

米子まで移動

快速とっとりライナーで米子へ

倉吉に戻り、快速とっとりライナーで米子に移動しました。

快速とっとりライナー

快速なので乗車券のみで利用でき、米子までは50分少々です。

沿線は風力発電が目立ちました。風が強いのでしょうか。

大山や日本海と関係している?

風力発電

天気が良ければ左手に大山が見えるのですが、今日は雲が多く、大山は見えませんでした。

鳥取県の西のターミナル 米子

米子は鳥取県の西のターミナルです。

米子駅到着

中国地方の路線が集まっており、交通の要所です。

スポンサーリンク

山陰本線の移動はここまで

この旅行での山陰本線の移動は、これで終わりになります。

またの機会に、米子から下関まで乗車し、山陰本線のコンプリートを目指したいと思います。

米子からはバスで皆生温泉に移動しました。

次回は、皆生温泉の様子をブログと動画でお届けします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。