【鳥取砂丘】水曜どうでしょうで話題の地!?広大な砂丘と荒々しい日本海【202004山陰5】

 馬の背を目指す

山陰本線で京都から米子まで移動する旅。

その道中で鳥取に立ち寄りました。

鳥取に行ったら絶対に外せないスポット、鳥取砂丘に行きましたので、その様子を動画を交えてお届けします。

スポンサーリンク

鳥取砂丘の様子を動画でお届け

YouTubeにて鳥取砂丘の様子をお届けしています。

砂丘の歩き方を紹介しているので、是非ご視聴ください。

シリーズものの動画なので、チャンネル登録も忘れずにお願いします!

スポンサーリンク

【路線バス】鳥取砂丘への行き方

バスは1時間に1・2本

ここでは、公共交通機関での行き方を紹介します。

鳥取駅から7キロ程度あるので、歩いていくのは難しいです。

路線バスを利用しましょう

日交路線バスHP

鳥取砂丘は、鳥取駅からバスで20分~30分程度です。

運行本数は1時間に1本~2本程度で、あまり多くありません。

バスの時刻を事前に調べて、それに合わせて行動するようにしましょう。

早朝時間帯は運行していないので、朝のきれいな砂丘を見たい場合はタクシーか、覚悟を決めて歩く(1時間以上)しかありません。

運賃は380円

運賃は380円。硬貨のイラストまで使って、とてもわかりやすい案内ですね。

外国人観光客向けでしょうか。

鳥取駅0番線

土日祝日は「ループ麒麟獅子」というバスが300円で運行していますが、少し遠回りをするため30分程度かかります。

砂丘センターからリフト

徐々に近づくドキドキ感

鳥取砂丘の入口までバスで行くこともできますが、オススメは砂丘センターからのリフトの利用です。

片道200円、往復だと300円です。

リフトから、徐々に砂丘に近づいていくドキドキ感を味わえます。

リフトからは日本海も見えますよ!

砂丘リフト

「水曜どうでしょう」で環境省から厳重注意

砂の落書き&採取は禁止

砂丘に落書き禁止

鳥取砂丘は自然公園法の管理下にあり、その中には特別区域に指定されているエリアもあります。

人気番組「水曜どうでしょう」の企画「原付西日本制覇 第1夜」にて、特別区域内で砂の落書き(「水曜どうでしょう」と砂に書いてしまう)をし、さらに砂を20キロ採取し持って帰るシーンがありました。

これは自然公園法に抵触する行為であり、環境省から厳重注意を受けました。

鳥取ローカルの再放送で発覚

「水曜どうでしょう」は北海道ローカルの番組で、放送当時は自然公園法に関する指摘がありませんでした。

しかし本放送から7年後、鳥取ローカルで再放送された際、視聴者が問題を指摘し、厳重注意に至りました。

広大な砂丘と荒々しい日本海

鳥取砂丘の地を踏む

リフトを降りると、そこはもう鳥取砂丘です。

馬の背を目指して歩きます。

足が砂に沈み込むので、そう簡単には進めません。

馬の背を目指す

スポンサーリンク

日本海の荒々しさを感じる

馬の背を登りきると、日本海の荒々しい波の音が聞こえるようになりました。

砂丘と日本海

それは落ち着きのある波音ではなく、轟音でした。

砂丘の広大さ、そして日本海の荒々しさを同時に味わうことができました。

次回は、鳥取から米子まで、鳥取県横断の様子をお届けします。

【鳥取→米子】梨と白壁の町・倉吉を歩く【202004山陰6】

スポンサーリンク

【鳥取砂丘】水曜どうでしょうで話題の地!?広大な砂丘と荒々しい日本海【202004山陰5】」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【鳥取砂丘を歩く】水曜どうでしょうで話題の地!?広大な砂丘と荒々しい日本海【202004山陰5】 – お笑いMovies

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。