【常磐線全線復旧】特急ひたちで品川ー仙台間を全線乗車

 仙台行き車両

2020年3月14日、東日本大震災の影響で不通となっていた区間が復旧し、常磐線が全線復旧しました。

全線復旧を記念して、特急ひたちで仙台まで行ってきました。

スポンサーリンク

常磐線が仙台までつながる

東日本大震災から9年ぶりの全通

常磐線は、2011年3月11日に発生した東日本大震災の影響で、津波の被害の発生した区間や福島第一原発の周辺で長い間不通になっていました。

不通区間はバスによる代行輸送が行われていました。

除染や路線の架け替え、一部区間では路線を内陸に移設するなど復旧作業を続け、順次復旧していきましたが、2020年3月14日、最後まで不通になっていた「富岡ー浪江」間が復旧したことで、常磐線の全線復旧が実現しました。

運転再開区間

JR東日本プレスリリースより

東京(上野)-仙台間の直通特急復活

震災前は上野から仙台までの直通特急が運行していました。

震災前の段階では、直通特急をいわきで分割するという話も出ていたようです。

そのため、直通特急の復活は厳しいものとなりましたが、震災復興の思いの強さからか、こうして9年ぶりに直通特急も復活しました。

しかも、2015年に上野東京ラインが開業したことから、品川ー仙台間にパワーアップしています。

仙台行き車両

一部上野始発の列車が含まれますが、1日あたり3本の運転が実現しました。

茨城・いわきー仙台間の需要を取り込めるか

記事の後半で、東北新幹線との比較をしますが、東京ー仙台間で常磐線特急を利用する方は少ないでしょう。

では、なぜ仙台直通特急を復旧することにしたのか。

もちろん、復興への思いも含まれているとは思いますが、JR東日本としては、茨城県内やいわきから仙台方面への需要を見込んでいるのではないかと思います。

10両編成はやや過剰ですが、磐越東線経由と比較すると所要時間が劇的に短縮されるので、直通特急効果は大きいと思います。

全線乗車の動画

常磐線特急ひたちの全線乗車の動画を作りました。

復旧翌日の3月15日に乗車しました。

本編動画は、全部で3本あります。

その様子をお楽しみいただけたらと思います。

1年ほど前に、東京ーいわき間を利用した記事を作りましたので、そちらも参考にどうぞ。

【いわき旅行】常磐線特急「ひたち」に乗車しました

全線動画は全部で3本ですが、単品動画もご用意しました。

単品動画には、ナレーションは入っていません。

車窓動画も作りました。

東京駅でE257系踊り子と遭遇

東京駅では、E257系特急踊り子と遭遇しました。

3月14日より特急踊り子として運用されるようになった車両です。

中央線特急の車両を改造し、東海道線の特急踊り子に転用されました。

こちらから踊り子を、踊り子の車内からこちらを、それぞれ撮り合うシュールな光景が繰り広げられました。

線路が内陸側に移設

駒ヶ嶺駅ー浜吉田駅間は、津波で線路が流されたため、線路を内陸に移設しました。

内陸移設

それに伴い、路線距離が延びたため、運賃が値上げされています。

スポンサーリンク

東北新幹線との比較

東京ー仙台間は、東北新幹線での移動が王道といえます。

そんな中、常磐線特急をあえて復旧させたわけですが、上野ー仙台間において、東北新幹線はやぶさ103号と常磐線特急ひたち3号を例に、運賃や所要時間を比較したいを思います。

新幹線

はやぶさ

列車:はやぶさ103号

上野 8:02発 → 仙台 9:31着

所要時間:1時間29分

運賃:11,200円

常磐線特急

特急ひたち前面

列車:特急ひたち3号

上野 8:00発 → 仙台 12:31着

所要時間:4時間31分

運賃:9,280円

スポンサーリンク

えきねっと「トクだ値」で大幅割引の可能性

常磐線特急の方が若干安いとはいえ、所要時間の差はあまりに大きく、通常運賃であれば新幹線を利用したいと思うでしょう。

しかし、東北新幹線と常磐線特急にはえきねっと「トクだ値」の設定があり、席数限定ですが割引のチャンスがあります。

えきねっとトクだ値(えきねっとHPより)

ただし、東北新幹線のトクだ値の設定は「やまびこ」のみです。

今回、私は特急ひたちの品川ー仙台間で3割引を受けることができました。

スポンサーリンク