【修善寺旅行1】特急踊り子で修善寺へ【動画あり】

 踊り子終点

このたび、修善寺温泉に旅行に行ってきました。

今回から数回にわたり、修善寺旅行の様子を記事にさせていただきます。

今回のテーマは、東京駅から修善寺温泉までの移動です。

もちろん、動画もあります。

スポンサーリンク

動画配信中

この記事の内容について、YouTubeのにて動画を配信しています。

こちらもご視聴いただけますと幸いです。

スポンサーリンク

特急踊り子で修善寺へ

国鉄時代からの古い車両185系が活躍

東京駅から修善寺駅までは、特急踊り子で移動しました。

修善寺行き

今回乗車しました特急踊り子105号は、前10両が伊豆急下田行き、後10両が修善寺行きとなり、熱海駅で列車の切り離しが行われます。

踊り子結合部

特急踊り子は185系という国鉄時代からの車両が使われます。

車内は国鉄時代を感じさせる古い雰囲気です。

帰りに乗車する特急スーパービュー踊り子は、今年3月に引退してしまいますが、この特急踊り子もあと数年で引退する予定です。

高いモーター音で都心を快走しますが、新幹線には敵いません。

新幹線に抜かれる

しかし、京浜東北線を楽々抜いていきます。

京浜東北線を抜く

多摩川を渡り神奈川県へ

多摩川を渡ると、神奈川県に入り、すぐに川崎駅です。

多摩川

川崎駅を出発すると、次の停車駅は横浜。

横浜駅は神奈川県最大のターミナル駅なので、多くの乗客が乗ってきます。

横浜駅の次は、小田原駅までノンストップです。

横浜駅からしばらくの間、相鉄線と並走します。

相鉄と並走

相模川を渡り小田原方面へ

茅ヶ崎駅を過ぎると、相模川を渡り、神奈川県西部に差し掛かります。

だんだん山が近づいてきます。

相模川

鴨宮駅を過ぎ、酒匂(さかわ)川を渡ると、間もなく神奈川県西部の拠点、小田原です。

新幹線のほか、小田急線も停車します。

新幹線と小田急

ロマンスカーも発着しています。

ロマンスカー

小田原から先は伊豆半島の差し迫った地形

小田原を過ぎると、左手に海、右手に山という、伊豆半島特有の差し迫った地形になります。

今回は通過してしまいましたが、根府川駅は海に面しており、撮影したり癒されたりできるスポットです。

トンネルも多くなってきます。

熱海駅からはJR東海

熱海駅では、前10両が伊豆急下田行き、後ろ10両が修善寺行きとなるため、切り離し作業が行われます。

また、熱海駅から三島方面の東海道線は、JR東海の管内となります。

JR東海管内へ

JR東日本管内からJR東海管内へのSuicaの乗り越し(小田原駅から沼津駅など)はできませんので、注意が必要です。

熱海駅を出ますと、間もなく丹那トンネルに入ります。

この長いトンネルを経て、函南駅、そして三島駅へと通じていきます。

間もなく三島駅です。天気がよければ富士山が見えますが、今日は生憎の曇り空でした。

間もなく三島

三島駅から先は伊豆半島の中央部を縦断

三島駅からは、伊豆箱根鉄道駿豆(すんず)線に入ります。

伊豆箱根鉄道へ

伊豆箱根鉄道は西武グループのため、西武鉄道の車両が使用されています。

西武の車両

伊豆半島の貴重な平地を走ります。

伊豆半島の貴重な平地

修善寺駅からはバス移動

鉄道は修善寺駅まで

修善寺駅に到着しました。

踊り子号はここで終点です。

踊り子終点

伊豆箱根鉄道もここが終点になっています。

伊豆箱根鉄道終点

鉄道は、修善寺駅までです。

修善寺駅から先の公共交通機関による移動手段はバスのみです。

スポンサーリンク

バスで修善寺温泉へ

修善寺駅から伊豆箱根バスまたは東海バスに乗り、約10分移動します。

運賃は、220円です。

バスで修善寺温泉へ

修善寺温泉に到着しました。

修善寺温泉バスのりば

次回は、修善寺温泉を散策します。

【修善寺旅行2】有名旅館「宙 SORA」で癒されました【動画あり】

東京→品川ノーカット動画

特急踊り子の東京駅から品川駅までのノーカット動画を作成しました。

車窓を楽しみたい方は、是非どうぞ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。