【龍源寺間歩】世界遺産・石見銀山の坑道に入る【山陰本線の旅・西編3】

 

前回は出雲大社に行き、出雲市で一泊しました。

【旧大社駅登場】一畑電車で行く出雲大社~鳥居は4つ【山陰本線の旅・西編2】

今回は、石見銀山に行ってきました。

スポンサーリンク

石見銀山~世界遺産

石見銀山は2007年に世界遺産に登録された鉱山遺跡です。

良質の銀が多く採れ、経済を支えていました。

動画も投稿しているので、是非ご覧ください。

スポンサーリンク

大田市からバスを利用

出雲市駅から山陰本線特急に乗り、大田市(おおだし)まで移動しました。

大田市から石見交通バスを利用します。

バスのダイヤは事前に調べておきましょう。

バスに25分ほど揺られ、大森代官所跡で下車します。

石見銀山の街並みを散策

大森の街並みを歩く

大森代官所跡バス停付近が、石見銀山の観光の入口になります。

ここからは石見銀山の街並みを楽しみます。

バス停から、まずは大森の街並みを歩きます。

昔ながらの街並みに、心が落ち着きます。

スポンサーリンク

石見銀山グリーンスローモビリティ

龍源寺間歩まで約45分歩きますが、運良く石見銀山グリーンスローモビリティに乗ることができました。

石見銀山のエリアを運行するゴルフカート型の車両で、試験的に無料で利用することができます。

車両の通行は石見銀山公園までです。

この先は、徒歩か自転車かこの車両で行くしかありません。

約20分で龍源寺間歩まで行くことができました。

龍源寺間歩(りゅうげんじまぶ)

龍源寺間歩は石見銀山に現在も残る坑道で、中に入ることができます。

大人410円、子ども210円が必要です。

今回は無料でガイドさんが付きました。

鉱脈を掘った跡がたくさん残っていました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。