【本当に速い?】プレ運行開始・東京BRTに乗車しました【虎ノ門ヒルズ→晴海】

 

2020年10月1日より、東京で東京BRTのプレ運行が開始しました。

運行初日に東京BRTに乗車してきましたので、その様子を動画を交えてお届けします。

スポンサーリンク

東京BRTとは

バス高速輸送システム

BRTとは、バス高速輸送システムを意味します。

プレ運行時は路線バス並みの表定速度にとどまりますが、将来的にはバスを上回る定時制・速達性を目指します。

一部車両では連節バスが採用されます。

虎ノ門ヒルズと晴海を結ぶ

東京BRTは、プレ運行の段階では虎ノ門ヒルズと晴海を結びます。

出典:東京BRT公式サイト

主要な交通手段がバスのみの晴海にとっては、交通の便の向上に寄与することでしょう。

運行本数は、1時間に3本から4本程度です。

Suica使えます

運賃は大人220円、小児110円で、SuicaやPASMOなど交通系ICカードが使えます。

スポンサーリンク

虎ノ門ヒルズから晴海BRTターミナルまで乗車

それでは、虎ノ門ヒルズから晴海BRTターミナルまで実際に乗車しました。

動画を出していますので、併せてご確認ください。

虎ノ門ヒルズビジネスタワー

バスの乗り場は、虎ノ門ヒルズのビジネスタワーの中にあります。

森タワーに隣接しているビルです。

虎ノ門ヒルズ駅の中目黒方面ホームであれば地下通路でそのまま行けます。

北千住方面ホームの場合は一度地上に出て、地下通路か森タワーの2階連絡通路から行きます。

こちらが、虎ノ門ヒルズのBRT用バスターミナルです。

晴海BRTターミナル行き

それでは、これから東京BRTの晴海BRTターミナル行きに乗車します。

混んでました。

虎ノ門ヒルズを出て、新橋に向かいます。

ゆりかもめの汐留駅付近から、ゆりかもめの下を通って新橋に向かいます。

ゆりかもめの新橋駅の真下にバス停が設置されていました。

新橋を出ると、環状二号で築地市場の跡地を通って勝どきに向かいます。

隅田川を渡ってすぐ側道に入ったところに、勝どきBRTがあります。

大江戸線の勝どき駅とは位置が少し異なっています。

出典:東京BRT公式サイト

勝どきBRTを出ると、勝どきを横断します。

朝潮大橋を渡り、晴海に入ります。

晴海BRTターミナルに到着です。

乗車時間は25分程度でした。

晴海BRTターミナルには建物がありませんが、広大な敷地が用意されていました。

スポンサーリンク

東京BRTに乗ってみて

この東京BRTはBRT専用軌道などはなく、他の路線バスと同様に公道を走るので、あまり速達性は感じませんでした。

今回は先行開業なので、まだまだこれから改善していくのではないかと思います。

東京BRTに鉄道と同じ役割を求めるのは酷かもしれませんが、路線バス以上、路面電車程度の輸送力には期待したいところです。

この後、晴海と勝どきを散策しました。

その様子は、以下の動画をご覧ください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。